万葉集 第8巻 1576番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1576番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1576番歌

第8巻
歌番号1576番歌
作者巨曽倍津嶋
題詞(右大臣橘家宴歌七首)
原文此岳尓 小<壮>鹿履起 宇加O良比 可聞可<聞>為良久 君故尓許曽
訓読この岡に小鹿踏み起しうかねらひかもかもすらく君故にこそ
かなこのをかに をしかふみおこし うかねらひ かもかもすらく きみゆゑにこそ
英語(ローマ字)KONOWOKANI WOSHIKAFUMIOKOSHI UKANERAHI KAMOKAMOSURAKU KIMIYUゑNIKOSO
この岡に牡鹿を踏み起こしあれこれ窺い狙うのもあなたゆえのことです。
左注右一首長門守巨曽倍朝臣津嶋( / 天平十年戊寅秋八月廿日)
校異牡 壮 [定本] / 開 聞 [代匠記精撰本]
用語秋雑歌、作者:巨曽倍津嶋、宴席、橘諸兄、天平10年8月20日、年紀、主人讃美、動物
タイトルとURLをコピーしました