万葉集 第8巻 1541番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1541番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1541番歌

第8巻
歌番号1541番歌
作者大伴旅人
題詞大宰帥大伴卿歌二首
原文吾岳尓 棹<壮>鹿来鳴 先芽之 花嬬問尓 来鳴棹<壮>鹿
訓読我が岡にさを鹿来鳴く初萩の花妻どひに来鳴くさを鹿
かなわがをかに さをしかきなく はつはぎの はなつまどひに きなくさをしか
英語(ローマ字)WAGAWOKANI SAWOSHIKAKINAKU HATSUHAGINO HANATSUMADOHINI KINAKUSAWOSHIKA
我が家の岡に壮鹿がやって来て鳴いている。初萩の花を妻に見立ててやってきて鳴くのだろうか。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 牡 壮 [定本] / 牡 壮 [定本]
用語秋雑歌、作者:大伴旅人、太宰府、植物、動物
スポンサーリンク

解説

題詞は「大宰帥大伴卿の歌二首」という意味。大宰帥とは太宰府長官のこと、大伴卿は大伴旅人のこと言う。卿は四等官

「さ牡鹿(をしか)」は強調の「さ」。原文の「棹」とあるように、立派な角がある牡鹿という意味がとれる。

タイトルとURLをコピーしました