万葉集 第8巻 1468番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1468番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1468番歌

第8巻
歌番号1468番歌
作者小治田広瀬王
題詞小治田廣瀬王霍公鳥歌一首
原文霍公鳥 音聞小野乃 秋風<尓> 芽開礼也 聲之乏寸
訓読霍公鳥声聞く小野の秋風に萩咲きぬれや声の乏しき
かなほととぎす こゑきくをのの あきかぜに はぎさきぬれや こゑのともしき
英語(ローマ字)HOTOTOGISU KOゑKIKUWONONO AKIKAZENI HAGISAKINUREYA KOゑNOTOMOSHIKI
山ホトトギスよ。あんたが鳴くと家にいる妻のことがしきりにしのばれる。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 尓 [類][紀]
用語夏雑歌、作者:小治田広瀬王、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました