万葉集 第8巻 1467番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1467番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1467番歌

第8巻
歌番号 1467番歌
作者 弓削皇子
題詞 弓削皇子御歌一首
原文 霍公鳥 無流國尓毛 去而師香 其鳴音手 間者辛苦母
訓読 霍公鳥なかる国にも行きてしかその鳴く声を聞けば苦しも
かな ほととぎす なかるくににも ゆきてしか そのなくこゑを きけばくるしも
英語(ローマ字) HOTOTOGISU NAKARUKUNINIMO YUKITESHIKA SONONAKUKOゑWO KIKEBAKURUSHIMO
野でホトトギスの鳴き声をよく聞いたものだが、秋風が吹き萩が咲き始めたのだろうか、近頃あまり鳴き声がしない。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 夏雑歌、作者:弓削皇子、動物
タイトルとURLをコピーしました