万葉集 第8巻 1466番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1466番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1466番歌

第8巻
歌番号1466番歌
作者志貴皇子
題詞志貴皇子御歌一首
原文神名火乃 磐瀬之<社>之 霍公鳥 毛無乃岳尓 何時来将鳴
訓読神奈備の石瀬の社の霍公鳥毛無の岡にいつか来鳴かむ
かなかむなびの いはせのもりの ほととぎす けなしのをかに いつかきなかむ
英語(ローマ字)KAMUNABINO IHASENOMORINO HOTOTOGISU KENASHINOWOKANI ITSUKAKINAKAMU
ホトトギスのいない国に行きたいものだ。その鳴く声を聞くと切ない(心苦しい)から。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 杜 社 [類][紀]
用語夏雑歌、作者:志貴皇子、奈良、斑鳩、動物、地名
タイトルとURLをコピーしました