万葉集 第8巻 1524番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1524番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1524番歌

第8巻
歌番号 1524番歌
作者 山上憶良
題詞 (山上<臣>憶良七夕歌十二首)
原文 天漢 伊刀河浪者 多々祢杼母 伺候難之 近此瀬呼
訓読 天の川いと川波は立たねどもさもらひかたし近きこの瀬を
かな あまのがは いとかはなみは たたねども さもらひかたし ちかきこのせを
英語(ローマ字) AMANOGAHA ITOKAHANAMIHA TATANEDOMO SAMORAHIKATASHI CHIKAKIKONOSEWO
天の川には激しい川波は立たないのに、(彼女の)様子をうかがうことさえ許されていない。こんなに近い川瀬なのに。
左注 (右天平二年七月八日夜帥家集會)
校異
用語 秋雑歌、作者:山上憶良、七夕
タイトルとURLをコピーしました