万葉集 第8巻 1562番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1562番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1562番歌

第8巻
歌番号 1562番歌
作者 巫部麻蘇娘子
題詞 巫部麻蘇娘子鴈歌一首
原文 誰聞都 従此間鳴渡 鴈鳴乃 嬬呼音乃 <乏>知<在><乎>
訓読 誰れ聞きつこゆ鳴き渡る雁がねの妻呼ぶ声の羨しくもあるか
かな たれききつ こゆなきわたる かりがねの つまよぶこゑの ともしくもあるか
英語(ローマ字) TAREKIKITSU KOYUNAKIWATARU KARIGANENO TSUMAYOBUKOゑNO TOMOSHIKUMOARUKA
どなたかお聞きでしょうか。空を鳴き渡っていく雁の、妻を呼ぶ声を。羨ましいことです。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 之 乏 [万葉集略解] / 左 在 [万葉集略解] / 守 乎 [定本]
用語 秋雑歌、作者:巫部麻蘇娘子、恋情、恋歌、大伴家持、動物

解説

題詞は「巫部麻蘇娘子の雁の歌一首」という意味。

「誰(た)れ聞きつ」は「どなたかお聞きでしょうか」という、「こゆ鳴き渡る」は「ここを鳴き渡っていく」という意味である。

タイトルとURLをコピーしました