万葉集 第8巻 1563番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1563番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1563番歌

第8巻
歌番号 1563番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴家持和歌一首
原文 聞津哉登 妹之問勢流 鴈鳴者 真毛遠 雲隠奈利
訓読 聞きつやと妹が問はせる雁が音はまことも遠く雲隠るなり
かな ききつやと いもがとはせる かりがねは まこともとほく くもがくるなり
英語(ローマ字) KIKITSUYATO IMOGATOHASERU KARIGANEHA MAKOTOMOTOHOKU KUMOGAKURUNARI
聞いたかいとあなたがお尋ねになった雁の鳴き声はまことおっしゃる通り、ずっと遠くに去って雲に隠れてしまいました。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 秋雑歌、作者:大伴家持、和歌、巫部麻蘇娘子、恋歌、比喩、動物
タイトルとURLをコピーしました