万葉集 第8巻 1655番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1655番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1655番歌

第8巻
歌番号 1655番歌
作者 三国人足
題詞 三國真人人足歌一首
原文 高山之 菅葉之努藝 零雪之 消跡可曰毛 戀乃繁鶏鳩
訓読 高山の菅の葉しのぎ降る雪の消ぬと言ふべくも恋の繁けく
かな たかやまの すがのはしのぎ ふるゆきの けぬといふべくも こひのしげけく
英語(ローマ字) TAKAYAMANO SUGANOHASHINOGI FURUYUKINO KENUTOIFUBEKUMO KOHINOSHIGEKEKU
高山の菅の葉を押し伏せて降り積もった雪も(やがて消えると言うが)実際はなかなか消えないように、恋しさは激しくなる一方です。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬相聞、作者:三国人足、恋情、植物
タイトルとURLをコピーしました