万葉集 第8巻 1652番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1652番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1652番歌

第8巻
歌番号 1652番歌
作者 他田廣津娘子
題詞 他田廣津娘子梅歌一首
原文 梅花 折毛不折毛 見都礼杼母 今夜能花尓 尚不如家利
訓読 梅の花折りも折らずも見つれども今夜の花になほしかずけり
かな うめのはな をりもをらずも みつれども こよひのはなに なほしかずけり
英語(ローマ字) UMENOHANA WORIMOWORAZUMO MITSUREDOMO KOYOHINOHANANI NAHOSHIKAZUKERI
折り取った梅の花も、そのまま咲き誇る梅も美しく趣がありますが、まだ春にはなっていないこの時期に早々と咲いた梅の美しさには及びません。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬雑歌、作者:他田廣津娘子、植物
タイトルとURLをコピーしました