万葉集 第8巻 1560番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1560番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1560番歌

第8巻
歌番号1560番歌
作者坂上郎女
題詞大伴坂上郎女跡見田庄作歌二首
原文妹目乎 始見之埼乃 秋芽子者 此月其呂波 落許須莫湯目
訓読妹が目を始見の崎の秋萩はこの月ごろは散りこすなゆめ
かないもがめを **みのさきの あきはぎは このつきごろは ちりこすなゆめ
英語(ローマ字)IMOGAMEWO **MINOSAKINO AKIHAGIHA KONOTSUKIGOROHA CHIRIKOSUNAYUME
彼女の目を初めて見たときのような、始見(はつみ)の崎に咲いている秋萩よ。今月いっぱいは散らないでおくれ、決して。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語秋雑歌、作者:坂上郎女、奈良県、桜井市、植物
タイトルとURLをコピーしました