万葉集 第8巻 1525番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1525番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1525番歌

第8巻
歌番号1525番歌
作者山上憶良
題詞(山上<臣>憶良七夕歌十二首)
原文袖振者 見毛可波之都倍久 雖近 度為便無 秋西安良祢波
訓読袖振らば見も交しつべく近けども渡るすべなし秋にしあらねば
かなそでふらば みもかはしつべく ちかけども わたるすべなし あきにしあらねば
英語(ローマ字)SODEFURABA MIMOKAHASHITSUBEKU CHIKAKEDOMO WATARUSUBENASHI AKINISHIARANEBA
袖振り交わすほど近くに居て川を渡る術がない。七夕の時節でないので。
左注(右天平二年七月八日夜帥家集會)
校異
用語秋雑歌、作者:山上憶良、七夕
タイトルとURLをコピーしました