万葉集 第8巻 1549番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1549番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1549番歌

第8巻
歌番号 1549番歌
作者 紀鹿人
題詞 典鑄正紀朝臣鹿人至衛門大尉大伴宿祢稲公跡見庄作歌一首
原文 射目立而 跡見乃岳邊之 瞿麦花 總手折 吾者将去 寧樂人之為
訓読 射目立てて跡見の岡辺のなでしこの花ふさ手折り我れは持ちて行く奈良人のため
かな いめたてて とみのをかへの なでしこのはな ふさたをり われはもちてゆく ならひとのため
英語(ローマ字) IMETATETE TOMINOWOKAHENO NADESHIKONOHANA FUSATAWORI WAREHAMOCHITEYUKU NARAHITONOTAME
跡見の岡に咲いているナデシコの花、手いっぱい折り取って平城京の官吏仲間のために持って帰ろう。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:紀鹿人、大伴稲公、奈良県、桜井市、みやげ、別れ歌、地名、植物、旋頭歌
タイトルとURLをコピーしました