万葉集 第8巻 1627番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1627番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1627番歌

第8巻
歌番号1627番歌
作者大伴家持
題詞大伴宿祢家持<攀>非時藤花并芽子黄葉二物贈坂上大嬢歌二首
原文吾屋前之 非時藤之 目頬布 今毛見<壮>鹿 妹之咲容乎
訓読我が宿の時じき藤のめづらしく今も見てしか妹が笑まひを
かなわがやどの ときじきふぢの めづらしく いまもみてしか いもがゑまひを
英語(ローマ字)WAGAYADONO TOKIJIKIFUDINO MEDURASHIKU IMAMOMITESHIKA IMOGAゑMAHIWO
我が家の庭に季節はずれの藤が珍しく咲いたんですが、そのようにも愛らしいあなたの笑顔が今すぐにでも見たいものです。
左注(右二首天平十二年庚辰夏六月徃来)
校異擧 攀 [紀][温][矢] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 牡 壮 [紀]
用語秋相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、天平12年6月、年紀、贈答、植物
タイトルとURLをコピーしました