万葉集 第8巻 1578番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1578番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1578番歌

第8巻
歌番号1578番歌
作者阿倍虫麻呂
題詞(右大臣橘家宴歌七首)
原文今朝鳴而 行之鴈鳴 寒可聞 此野乃淺茅 色付尓家類
訓読今朝鳴きて行きし雁が音寒みかもこの野の浅茅色づきにける
かなけさなきて ゆきしかりがね さむみかも このののあさぢ いろづきにける
英語(ローマ字)KESANAKITE YUKISHIKARIGANE SAMUMIKAMO KONONONOASADI IRODUKINIKERU
今朝鳴いて飛んでいった雁の鳴き声が寒々としていた。この野の浅茅も色づいてきました。
左注右二首阿倍朝臣蟲麻呂( / 天平十年戊寅秋八月廿日)
校異
用語秋雑歌、作者:阿倍虫麻呂、宴席、橘諸兄、天平10年8月20日、年紀、主人讃美、動物
スポンサーリンク

解説

題詞は1574番歌から。

「寒みかも」は「~ので」の「み」。「浅茅」は「浜辺に生えている丈の低い茅(かや)」のこと。

左注に「右2首は阿倍朝臣蟲麻呂の歌」とある。「朝臣」は八色の姓の1つ。()内は1580番歌で終わり。

タイトルとURLをコピーしました