万葉集 第8巻 1456番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1456番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1456番歌

第8巻
歌番号 1456番歌
作者 藤原広嗣
題詞 藤原朝臣廣嗣櫻花贈娘子歌一首
原文 此花乃 一与能内尓 百種乃 言曽隠有 於保呂可尓為莫
訓読 この花の一節のうちに百種の言ぞ隠れるおほろかにすな
かな このはなの ひとよのうちに ももくさの ことぞこもれる おほろかにすな
英語(ローマ字) KONOHANANO HITOYONOUCHINI MOMOKUSANO KOTOZOKOMORERU OHOROKANISUNA
そのように言葉をいっぱい詰められたせいで折れてしまったのでしょうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春相聞、作者:藤原広嗣、娘子、贈答
タイトルとURLをコピーしました