万葉集 第8巻 1455番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1455番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1455番歌

第8巻
歌番号1455番歌
作者笠金村
題詞((天平五年癸酉春閏三月笠朝臣金村贈入唐使歌一首[并短歌])反歌)
原文玉切 命向 戀従者 公之三舶乃 梶柄母我
訓読たまきはる命に向ひ恋ひむゆは君が御船の楫柄にもが
かなたまきはる いのちにむかひ こひむゆは きみがみふねの かぢからにもが
英語(ローマ字)TAMAKIHARU INOCHINIMUKAHI KOHIMUYUHA KIMIGAMIFUNENO KADIKARANIMOGA
この一節の花には私の言いたいことがぎっしり詰まっています。おろそかにしないで下さい。
左注
校異
用語春相聞、作者:笠金村、入唐使、贈答、送別、遣唐使、枕詞、天平5年閏3月、年紀
タイトルとURLをコピーしました