万葉集 第8巻 1590番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1590番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1590番歌

第8巻
歌番号1590番歌
作者大伴池主
題詞(橘朝臣奈良麻呂結集宴歌十一首)
原文十月 <鍾>礼尓相有 黄葉乃 吹者将落 風之随
訓読十月時雨にあへる黄葉の吹かば散りなむ風のまにまに
かなかむなづき しぐれにあへる もみちばの ふかばちりなむ かぜのまにまに
英語(ローマ字)KAMUNADUKI SHIGURENIAHERU MOMICHIBANO FUKABACHIRINAMU KAZENOMANIMANI
もう神無月、しぐれにあった黄葉は風が吹けば風のまにまに散ってしまうことだろう。
左注右一首大伴宿祢池主( / 以前冬十月十七日集於右大臣橘卿之舊宅宴飲也)
校異鐘 鍾 [類]
用語秋雑歌、作者:大伴池主、橘奈良麻呂、宴席、天平10年10月17日、年紀、植物
タイトルとURLをコピーしました