万葉集 第8巻 1579番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1579番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1579番歌

第8巻
歌番号1579番歌
作者文馬養
題詞(右大臣橘家宴歌七首)
原文朝扉開而 物念時尓 白露乃 置有秋芽子 所見喚鶏本名
訓読朝戸開けて物思ふ時に白露の置ける秋萩見えつつもとな
かなあさとあけて ものもふときに しらつゆの おけるあきはぎ みえつつもとな
英語(ローマ字)ASATOAKETE MONOMOFUTOKINI SHIRATSUYUNO OKERUAKIHAGI MIETSUTSUMOTONA
朝、戸を開けて物思う時、白露が降りた萩が見えるがそれを見ていると寒々とした思いに駆られる。
左注(右二首文忌寸馬養 / 天平十年戊寅秋八月廿日)
校異
用語秋雑歌、作者:文馬養、宴席、橘諸兄、天平10年8月20日、年紀、植物
タイトルとURLをコピーしました