万葉集 第8巻 1657番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1657番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1657番歌

第8巻
歌番号 1657番歌
作者 作者不詳
題詞 和歌一首
原文 官尓毛 縦賜有 今夜耳 将欲酒可毛 散許須奈由米
訓読 官にも許したまへり今夜のみ飲まむ酒かも散りこすなゆめ
かな つかさにも ゆるしたまへり こよひのみ のまむさけかも ちりこすなゆめ
英語(ローマ字) TSUKASANIMO YURUSHITAMAHERI KOYOHINOMI NOMAMUSAKEKAMO CHIRIKOSUNAYUME
お役所もお許しになっています。ですから今夜だけの飲酒とは限らない。梅花よ、次の宴まで決して散らないでおくれ。
左注 右酒者<官>禁制称 京中閭里不得集宴 但親々一二飲樂聴許者 縁此和人作此發句焉
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 宮 官 [類][紀][古]
用語 冬相聞、禁酒、贈答
タイトルとURLをコピーしました