万葉集 第8巻 1450番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1450番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1450番歌

第8巻
歌番号 1450番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴宿祢坂上郎女歌一首
原文 情具伎 物尓曽有鶏類 春霞 多奈引時尓 戀乃繁者
訓読 心ぐきものにぞありける春霞たなびく時に恋の繁きは
かな こころぐき ものにぞありける はるかすみ たなびくときに こひのしげきは
英語(ローマ字) KOKOROGUKI MONONIZOARIKERU HARUKASUMI TANABIKUTOKINI KOHINOSHIGEKIHA
春霞がたなびく季節がやってきて、しきりに恋心がつのりますが、なんと切なく心苦しいことでしょう。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春相聞、作者:坂上郎女、恋情
スポンサーリンク

解説

題詞に「大伴宿祢坂上郎女の歌一首」と書かれている。坂上郎女大伴家持の叔母であり姑。「宿祢(すくね)」は天皇の身近で政治をする氏族の称号。大化の改新以前に巨大な勢力を保有していた蘇我氏や物部氏も「宿祢(宿禰とも書く。)」が与えれていた。

「心ぐき」とは切なく苦しい心情をいう。

タイトルとURLをコピーしました