万葉集 第8巻 1428番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1428番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1428番歌

第8巻
歌番号1428番歌
作者作者不詳
題詞草香山歌一首
原文忍照 難波乎過而 打靡 草香乃山乎 暮晩尓 吾越来者 山毛世尓 咲有馬酔木乃 不悪 君乎何時 徃而早将見
訓読おしてる 難波を過ぎて うち靡く 草香の山を 夕暮れに 我が越え来れば 山も狭に 咲ける馬酔木の 悪しからぬ 君をいつしか 行きて早見む
かなおしてる なにはをすぎて うちなびく くさかのやまを ゆふぐれに わがこえくれば やまもせに さけるあしびの あしからぬ きみをいつしか ゆきてはやみむ
英語(ローマ字)OSHITERU NANIHAWOSUGITE UCHINABIKU KUSAKANOYAMAWO YUFUGURENI WAGAKOEKUREBA YAMAMOSENI SAKERUASHIBINO ASHIKARANU KIMIWOITSUSHIKA YUKITEHAYAMIMU
難波(大阪)を過ぎて草香の山を夕暮れに越えて来ると、山路が狭くなるほど馬酔木(あしび)の花が咲いている。悪しくない(立派な)あなたにいつか逢えるかと、心が急いて早く逢いとうございます。
左注右一首依作者微不顕名字
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語春雑歌、東大阪市日下町、生駒山、羈旅、望郷、恋情、地名、植物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました