万葉集 第8巻 1612番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1612番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1612番歌

第8巻
歌番号 1612番歌
作者 石川賀係女郎
題詞 石川賀係女郎歌一首
原文 神佐夫等 不許者不有 秋草乃 結之紐乎 解者悲哭
訓読 神さぶといなにはあらず秋草の結びし紐を解くは悲しも
かな かむさぶと いなにはあらず あきくさの むすびしひもを とくはかなしも
英語(ローマ字) KAMUSABUTO INANIHAARAZU AKIKUSANO MUSUBISHIHIMOWO TOKUHAKANASHIMO
もうお婆さんだからって受け入れたくないわけではありません。秋草のように結んだ紐を解くのは悲しゅうございます。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋相聞、作者:石川賀係女郎
タイトルとURLをコピーしました