万葉集 第8巻 1611番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1611番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1611番歌

第8巻
歌番号1611番歌
作者笠縫女王
題詞笠縫女王歌一首 [六人部王之女母曰田形皇女也]
原文足日木乃 山下響 鳴鹿之 事乏可母 吾情都末
訓読あしひきの山下響め鳴く鹿の言ともしかも我が心夫
かなあしひきの やましたとよめ なくしかの ことともしかも わがこころつま
英語(ローマ字)ASHIHIKINO YAMASHITATOYOME NAKUSHIKANO KOTOTOMOSHIKAMO WAGAKOKOROTSUMA
山辺を響かせて鹿が妻恋に鳴くが、そのようにも愛の言葉をかけてほしい。密かに思いを寄せるお方よ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語秋相聞、作者:笠縫女王、六人部王、田形皇女、忍恋い、動物
スポンサーリンク

解説

題詞は「笠縫女王(かさぬひのおほきみ)の歌一首」という意味。補足で「六人部王(むとべのおほきみ)と田形皇女(たがたのひめみこ)の娘」とある。

「あしひきの」は枕詞。掛かる語は「山」。「言ともしかも」は「愛していると言って欲しい」という意味。「我がこころ夫」という表現は他に類例がないが、「自分の心中にいる人」=「密かに思いを寄せるお方」という意味。

タイトルとURLをコピーしました