万葉集 第8巻 1653番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1653番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1653番歌

第8巻
歌番号1653番歌
作者縣犬養娘子
題詞縣犬養娘子依梅發思歌一首
原文如今 心乎常尓 念有者 先咲花乃 地尓将落八方
訓読今のごと心を常に思へらばまづ咲く花の地に落ちめやも
かないまのごと こころをつねに おもへらば まづさくはなの つちにおちめやも
英語(ローマ字)IMANOGOTO KOKOROWOTSUNENI OMOHERABA MADUSAKUHANANO TSUCHINIOCHIMEYAMO
今抱いている心をそのまま思い続けていれば、早々と咲いて早々と散る梅のようなことにはならないでしょう。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語冬雑歌、作者:縣犬養娘子
タイトルとURLをコピーしました