万葉集 第8巻 1498番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1498番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1498番歌

第8巻
歌番号 1498番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女歌一首
原文 無暇 不来之君尓 霍公鳥 吾如此戀常 徃而告社
訓読 暇なみ来まさぬ君に霍公鳥我れかく恋ふと行きて告げこそ
かな いとまなみ きまさぬきみに ほととぎす あれかくこふと ゆきてつげこそ
英語(ローマ字) ITOMANAMI KIMASANUKIMINI HOTOTOGISU AREKAKUKOFUTO YUKITETSUGEKOSO
人の口がうるさいからとあの方はいらっしゃらない。ホトトギスよ、お前だけでもやって来て鳴いておくれ。朝戸を開けて待っているから。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 夏相聞、作者:坂上郎女、勧誘、動物
タイトルとURLをコピーしました