万葉集 第8巻 1499番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1499番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1499番歌

第8巻
歌番号1499番歌
作者大伴四綱
題詞大伴四縄宴吟歌一首
原文事繁 君者不来益 霍公鳥 汝太尓来鳴 朝戸将開
訓読言繁み君は来まさず霍公鳥汝れだに来鳴け朝戸開かむ
かなことしげみ きみはきまさず ほととぎす なれだにきなけ あさとひらかむ
英語(ローマ字)KOTOSHIGEMI KIMIHAKIMASAZU HOTOTOGISU NAREDANIKINAKE ASATOHIRAKAMU
夏の野の茂みに咲いている姫百合のようにひっそりと密かに思いを寄せる恋は苦しいものですね。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語夏相聞、作者:大伴四綱、宴席、誦詠、女歌、うわさ、動物
タイトルとURLをコピーしました