万葉集 第8巻 1661番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1661番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1661番歌

第8巻
歌番号 1661番歌
作者 紀小鹿(紀少鹿女郎)
題詞 紀少鹿女郎歌一首
原文 久方乃 月夜乎清美 梅花 心開而 吾念有公
訓読 久方の月夜を清み梅の花心開けて我が思へる君
かな ひさかたの つくよをきよみ うめのはな こころひらけて あがおもへるきみ
英語(ローマ字) HISAKATANO TSUKUYOWOKIYOMI UMENOHANA KOKOROHIRAKETE AGAOMOHERUKIMI
澄んだ清らかな月夜なので梅の花もほころびるでしょうが、私の心も開いてすなおな気持ちであなたをお慕いしています。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬相聞、作者:紀少鹿女郎、恋情、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました