万葉集 第8巻 1661番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1661番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1661番歌

第8巻
歌番号 1661番歌
作者 紀小鹿(紀少鹿女郎)
題詞 紀少鹿女郎歌一首
原文 久方乃 月夜乎清美 梅花 心開而 吾念有公
訓読 久方の月夜を清み梅の花心開けて我が思へる君
かな ひさかたの つくよをきよみ うめのはな こころひらけて あがおもへるきみ
英語(ローマ字) HISAKATANO TSUKUYOWOKIYOMI UMENOHANA KOKOROHIRAKETE AGAOMOHERUKIMI
澄んだ清らかな月夜なので梅の花もほころびるでしょうが、私の心も開いてすなおな気持ちであなたをお慕いしています。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬相聞、作者:紀少鹿女郎、恋情、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました