万葉集 第8巻 1662番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1662番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1662番歌

第8巻
歌番号1662番歌
作者田村大嬢
題詞大伴田村大娘与妹坂上大娘歌一首
原文沫雪之 可消物乎 至今<尓> 流經者 妹尓相曽
訓読淡雪の消ぬべきものを今までに流らへぬるは妹に逢はむとぞ
かなあわゆきの けぬべきものを いままでに ながらへぬるは いもにあはむとぞ
英語(ローマ字)AWAYUKINO KENUBEKIMONOWO IMAMADENI NAGARAHENURUHA IMONIAHAMUTOZO
淡雪のように消えてしまう筈の命なのにこうして生きながらえているのはあなたに逢いたい一心からです。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 尓 [類][紀]
用語冬相聞、作者:田村大嬢、坂上大嬢、贈答
タイトルとURLをコピーしました