万葉集 第8巻 1663番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1663番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1663番歌

第8巻
歌番号 1663番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持歌一首
原文 沫雪乃 庭尓零敷 寒夜乎 手枕不纒 一香聞将宿
訓読 淡雪の庭に降り敷き寒き夜を手枕まかずひとりかも寝む
かな あわゆきの にはにふりしき さむきよを たまくらまかず ひとりかもねむ
英語(ローマ字) AWAYUKINO NIHANIFURISHIKI SAMUKIYOWO TAMAKURAMAKAZU HITORIKAMONEMU
庭に淡雪が一面に降ったこんな寒い夜に、共寝する相手もいなく、私はたった一人で寝なければならないのだろうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬相聞、作者:大伴家持、恋情
タイトルとURLをコピーしました