万葉集 第8巻 1443番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1443番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1443番歌

第8巻
歌番号 1443番歌
作者 丹比乙麻呂
題詞 丹比真人乙麻呂歌一首 [屋主真人之第二子也]
原文 霞立 野上乃方尓 行之可波 鴬鳴都 春尓成良思
訓読 霞立つ野の上の方に行きしかば鴬鳴きつ春になるらし
かな かすみたつ ののへのかたに ゆきしかば うぐひすなきつ はるになるらし
英語(ローマ字) KASUMITATSU NONOHENOKATANI YUKISHIKABA UGUHISUNAKITSU HARUNINARURASHI
霞がかっている野の上(かみ)の方に行ってみたら、ウグイスが鳴いていたよ。春になったんだね。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春雑歌、作者:丹比乙麻呂、野遊び、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました