万葉集 第8巻 1581番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1581番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1581番歌

第8巻
歌番号1581番歌
作者橘奈良麻呂
題詞橘朝臣奈良麻呂結集宴歌十一首
原文不手折而 落者惜常 我念之 秋黄葉乎 挿頭鶴鴨
訓読手折らずて散りなば惜しと我が思ひし秋の黄葉をかざしつるかも
かなたをらずて ちりなばをしと わがおもひし あきのもみちを かざしつるかも
英語(ローマ字)TAWORAZUTE CHIRINABAWOSHITO WAGAOMOHISHI AKINOMOMICHIWO KAZASHITSURUKAMO
手折ることなく散らしてしまうのは惜しいと思って秋の黄葉を手折ってきてかざしました。
左注(右二首橘朝臣奈良麻呂)( / 以前冬十月十七日集於右大臣橘卿之舊宅宴飲也)
校異朝臣 [類] 宿祢 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語秋雑歌、作者:橘奈良麻呂、宴席、天平10年10月17日、年紀、植物
タイトルとURLをコピーしました