万葉集 第8巻 1580番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1580番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1580番歌

第8巻
歌番号 1580番歌
作者 文馬養
題詞 (右大臣橘家宴歌七首)
原文 棹<壮>鹿之 来立鳴野之 秋芽子者 露霜負而 落去之物乎
訓読 さを鹿の来立ち鳴く野の秋萩は露霜負ひて散りにしものを
かな さをしかの きたちなくのの あきはぎは つゆしもおひて ちりにしものを
英語(ローマ字) SAWOSHIKANO KITACHINAKUNONO AKIHAGIHA TSUYUSHIMOOHITE CHIRINISHIMONOWO
すでに野の萩の花は露霜を受けて散ってしまったのに、なにゆえ牡鹿はやってきて鳴くのだろう。
左注 右二首文忌寸馬養 / 天平十年戊寅秋八月廿日
校異 牡 壮 [紀]
用語 秋雑歌、作者:文馬養、宴席、橘諸兄、天平10年8月20日、年紀、動物、植物
スポンサーリンク

解説

題詞は1574番歌から。

「来立ち鳴く」でいったん区切って読む。和歌でよく見る倒置法の1つ。

 左注は「右2首は文忌寸馬養の歌、天平10年戊寅年(738年)秋の8月20日」とある。戊寅年は十干十二支のこと。「忌寸」は八色の姓

タイトルとURLをコピーしました