万葉集 第8巻 1575番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1575番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1575番歌

第8巻
歌番号1575番歌
作者作者不詳
題詞(右大臣橘家宴歌七首)
原文雲上尓 鳴都流鴈乃 寒苗 芽子乃下葉者 黄變可毛
訓読雲の上に鳴きつる雁の寒きなへ萩の下葉はもみちぬるかも
かなくものうへに なきつるかりの さむきなへ はぎのしたばは もみちぬるかも
英語(ローマ字)KUMONOUHENI NAKITSURUKARINO SAMUKINAHE HAGINOSHITABAHA MOMICHINURUKAMO
雲の上で鳴いている雁の声が寒々と聞こえるが、折しもこの庭の萩の下葉はもう色づいていますね。
左注右二首( / 天平十年戊寅秋八月廿日)
校異
用語秋雑歌、宴席、橘諸兄、天平10年8月20日、年紀、植物
タイトルとURLをコピーしました