万葉集 第8巻 1527番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1527番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1527番歌

第8巻
歌番号1527番歌
作者山上憶良
題詞(山上<臣>憶良七夕歌十二首)
原文牽牛之 迎嬬船 己藝出良之 <天>漢原尓 霧之立波
訓読彦星の妻迎へ舟漕ぎ出らし天の川原に霧の立てるは
かなひこほしの つまむかへぶね こぎづらし あまのかはらに きりのたてるは
英語(ローマ字)HIKOHOSHINO TSUMAMUKAHEBUNE KOGIDURASHI AMANOKAHARANI KIRINOTATERUHA
天の川原に霧が立っている。彦星が妻を迎えに舟を漕ぎ出したようだ。
左注
校異<> 天 [類][紀]
用語秋雑歌、作者:山上憶良、七夕
タイトルとURLをコピーしました