万葉集 第8巻 1459番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1459番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1459番歌

第8巻
歌番号1459番歌
作者久米女郎
題詞久米女郎報贈歌一首
原文世間毛 常尓師不有者 室戸尓有 櫻花乃 不所比日可聞
訓読世間も常にしあらねばやどにある桜の花の散れるころかも
かなよのなかも つねにしあらねば やどにある さくらのはなの ちれるころかも
英語(ローマ字)YONONAKAMO TSUNENISHIARANEBA YADONIARU SAKURANOHANANO CHIRERUKOROKAMO
坊や、この茅花は春の野で一所懸命抜き取ったものですよ。いっぱい食べてお太りなさい。
左注
校異歌 [西] 謌
用語春相聞、作者:久米女郎、贈答、厚見王、植物
タイトルとURLをコピーしました