万葉集 第8巻 1615番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1615番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1615番歌

第8巻
歌番号1615番歌
作者聖武天皇
題詞天皇賜報和御歌一首
原文大乃浦之 其長濱尓 縁流浪 寛公乎 念<比>日 [大浦者遠江國之海濱名也]
訓読大の浦のその長浜に寄する波ゆたけく君を思ふこのころ [大浦者遠江國之海濱名也]
かなおほのうらの そのながはまに よするなみ ゆたけくきみを おもふこのころ
英語(ローマ字)OHONOURANO SONONAGAHAMANI YOSURUNAMI YUTAKEKUKIMIWO OMOFUKONOKORO
大の浦の長浜に打ち寄せる波のようにゆったりとあなたのことを思っている日々です。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 大乃 [類][古](塙) 大 / 此 比 [古][温][京]
用語秋相聞、作者:聖武天皇、桜井王、和歌、静岡県、地名
タイトルとURLをコピーしました