万葉集 第8巻 1637番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1637番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1637番歌

第8巻
歌番号1637番歌
作者元正天皇
題詞太上天皇御製歌一首
原文波太須珠寸 尾花逆葺 黒木用 造有室者 迄萬代
訓読はだすすき尾花逆葺き黒木もち造れる室は万代までに
かなはだすすき をばなさかふき くろきもち つくれるむろは よろづよまでに
英語(ローマ字)HADASUSUKI WOBANASAKAFUKI KUROKIMOCHI TSUKURERUMUROHA YORODUYOMADENI
ススキで屋根を逆さに葺き、丸太で造った室は永遠に続いていってほしい。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語冬雑歌、作者:元正天皇、室讃め、宴席、長屋王、植物
スポンサーリンク

解説

題詞は「太上天皇(おほきすめらみこと)の御製歌」という意味。太上天皇は譲位された天皇のことで、四十五代聖武天皇の直前の四十四代元正天皇のことである。

「はだすすき」は穂がないススキ。尾花はススキの穂。「逆(さか)葺き」は屋根を葺くとき穂先を下にして並べること。「黒木もち」は「黒木を用いて」という意味。黒木は皮のままの丸太のことをいい、皮を剥いだ木は白木という。新天皇に天皇家の永続を託した歌。

タイトルとURLをコピーしました