万葉集 第8巻 1506番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1506番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1506番歌

第8巻
歌番号 1506番歌
作者 田村大嬢
題詞 大伴田村大嬢与妹坂上大嬢歌一首
原文 古郷之 奈良思乃岳能 霍公鳥 言告遣之 何如告寸八
訓読 故郷の奈良思の岡の霍公鳥言告げ遣りしいかに告げきや
かな ふるさとの ならしのをかの ほととぎす ことつげやりし いかにつげきや
英語(ローマ字) FURUSATONO NARASHINOWOKANO HOTOTOGISU KOTOTSUGEYARISHI IKANITSUGEKIYA
どんな具合か、どんな具合かと我が家の庭に立つ橘が、枝をいっぱい伸ばして成長する。その実を貫く五月が近くなり、堪えられなくなって、とうとう花を咲かせました。毎朝、毎日庭に出て見ていると、懸命に思いを寄せるあなたに、清らかな月夜に一目なりと見せたいからと、散るなよと夢に願い、懸命に見守ってきた。が、いまいましいことに、ホトトギスが暁どきにやってきて、悲しいことに、追っても追ってもやって来て鳴き、いたずらに花を散らせてしまいます。どうしようもないので、木の枝をよじ取り、あなたに見せようと贈ります。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 夏相聞、作者:田村大嬢、坂上大嬢、贈答、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました