万葉集 第8巻 1647番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1647番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1647番歌

第8巻
歌番号1647番歌
作者忌部黒麻呂
題詞忌部首黒麻呂雪歌一首
原文梅花 枝尓可散登 見左右二 風尓乱而 雪曽落久類
訓読梅の花枝にか散ると見るまでに風に乱れて雪ぞ降り来る
かなうめのはな えだにかちると みるまでに かぜにみだれて ゆきぞふりくる
英語(ローマ字)UMENOHANA EDANIKACHIRUTO MIRUMADENI KAZENIMIDARETE YUKIZOFURIKURU
梅の花びらがまるで枝から離れて舞い散っているかのように、雪が風に吹かれて舞い降りてくる。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語冬雑歌、作者:忌部黒麻呂、植物
タイトルとURLをコピーしました