万葉集 第8巻 1648番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1648番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1648番歌

第8巻
歌番号 1648番歌
作者 紀小鹿(紀少鹿女郎)
題詞 紀少鹿女郎梅歌一首
原文 十二月尓者 沫雪零跡 不知可毛 梅花開 含不有而
訓読 十二月には淡雪降ると知らねかも梅の花咲くふふめらずして
かな しはすには あわゆきふると しらねかも うめのはなさく ふふめらずして
英語(ローマ字) SHIHASUNIHA AWAYUKIFURUTO SHIRANEKAMO UMENOHANASAKU FUFUMERAZUSHITE
十二月になっても淡雪が降ることがあるのよ。それを知らずに早々と咲いたのね、梅の花さん。蕾もつけない内に・・・。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬雑歌、作者:紀少鹿女郎、植物
タイトルとURLをコピーしました