万葉集 第8巻 1487番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1487番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1487番歌

第8巻
歌番号 1487番歌
作者 大伴家持
題詞 (大伴家持恨霍公鳥晩喧歌二首)
原文 霍公鳥 不念有寸 木晩乃 如此成左右尓 奈何不来喧
訓読 霍公鳥思はずありき木の暗のかくなるまでに何か来鳴かぬ
かな ほととぎす おもはずありき このくれの かくなるまでに なにかきなかぬ
英語(ローマ字) HOTOTOGISU OMOHAZUARIKI KONOKURENO KAKUNARUMADENI NANIKAKINAKANU
どこかでは鳴いていただろうホトトギス、今日になってやっと我が家の里で鳴いている。
左注
校異
用語 夏雑歌、作者:大伴家持、動物、怨恨
スポンサーリンク

解説

題詞は1486番歌から。

「思はずありき」は「思ってもみなかった」、「木の暗(くれ)の」は「繁った葉群れの間」、「何か来鳴かぬ」は「なぜやって来て鳴かないのか」という意味である。

タイトルとURLをコピーしました