万葉集 第8巻 1470番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1470番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1470番歌

第8巻
歌番号1470番歌
作者刀理宣令
題詞刀理宣令歌一首
原文物部乃 石瀬之<社>乃 霍公鳥 今毛鳴奴<香> 山之常影尓
訓読もののふの石瀬の社の霍公鳥今も鳴かぬか山の常蔭に
かなもののふの いはせのもりの ほととぎす いまもなかぬか やまのとかげに
英語(ローマ字)MONONOFUNO IHASENOMORINO HOTOTOGISU IMAMONAKANUKA YAMANOTOKAGENI
ホトトギスの鳴き声がしなくなって、そのホトトギスが恋しく、その形見にしようと庭に植えた藤が波打つように咲いて垂れ下がり、もうホトトギスがいつ来てもいい。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(別筆訂正)] 歌 / 杜 社 [西(訂正)][類][紀] / <> 香 [代匠記初稿本]
用語夏雑歌、作者:刀理宣令、奈良、斑鳩、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました