万葉集 第8巻 1469番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1469番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1469番歌

第8巻
歌番号1469番歌
作者作者不詳(沙弥)
題詞沙弥霍公鳥歌一首
原文足引之 山霍公鳥 汝鳴者 家有妹 常所思
訓読あしひきの山霍公鳥汝が鳴けば家なる妹し常に偲はゆ
かなあしひきの やまほととぎす ながなけば いへなるいもし つねにしのはゆ
英語(ローマ字)ASHIHIKINO YAMAHOTOTOGISU NAGANAKEBA IHENARUIMOSHI TSUNENISHINOHAYU
物部の石瀬の社に鳴いていたホトトギス。今なお鳴いてくれないだろうか。いつも木陰になっている山影で。
左注
校異
用語夏雑歌、作者:沙弥、恋情、望郷、動物
タイトルとURLをコピーしました