万葉集 第8巻 1603番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1603番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1603番歌

第8巻
歌番号 1603番歌
作者 大伴家持
題詞 (大伴宿祢家持鹿鳴歌二首)
原文 <頃>者之 朝開尓聞者 足日木篦 山<呼>令響 狭尾<壮>鹿鳴哭
訓読 このころの朝明に聞けばあしひきの山呼び響めさを鹿鳴くも
かな このころの あさけにきけば あしひきの やまよびとよめ さをしかなくも
英語(ローマ字) KONOKORONO ASAKENIKIKEBA ASHIHIKINO YAMAYOBITOYOME SAWOSHIKANAKUMO
ここ数日、明け方に聞こえてくるのは、山を響かせて激しく鳴く牡鹿の声。
左注 右二首天平十五年癸未八月十六日作
校異 項 頃 [紀] / 乎 呼 [類][紀][矢][京] / <> 壮 [西(右書)][紀]
用語 秋雑歌、作者:大伴家持、天平15年8月16日、年紀、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました