万葉集 第8巻 1641番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1641番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1641番歌

第8巻
歌番号 1641番歌
作者 角廣辨
題詞 角朝臣廣辨雪梅歌<一首>
原文 沫雪尓 所落開有 梅花 君之許遣者 与曽倍弖牟可聞
訓読 淡雪に降らえて咲ける梅の花君がり遣らばよそへてむかも
かな あわゆきに ふらえてさける うめのはな きみがりやらば よそへてむかも
英語(ローマ字) AWAYUKINI FURAETESAKERU UMENOHANA KIMIGARIYARABA YOSOHETEMUKAMO
降ってくる淡雪とともに咲いた白梅。これをあなたのもとへ送ったならば、雪の花と思ってくれるでしょうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 一首 [紀][細]
用語 冬雑歌、作者:角廣辨、植物
タイトルとURLをコピーしました