万葉集 第8巻 1633番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1633番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1633番歌

第8巻
歌番号 1633番歌
作者 作者不詳
題詞 或者贈尼歌二首
原文 手母須麻尓 殖之芽子尓也 還者 雖見不飽 情将盡
訓読 手もすまに植ゑし萩にやかへりては見れども飽かず心尽さむ
かな てもすまに うゑしはぎにや かへりては みれどもあかず こころつくさむ
英語(ローマ字) TEMOSUMANI UゑSHIHAGINIYA KAHERITEHA MIREDOMOAKAZU KOKOROTSUKUSAMU
一所懸命植えた萩。なのでかえって愛着が湧き、見ても見ても見飽きることがなく、今後も心尽くして面倒を見ようと思う。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋相聞、尼、贈答、植物
タイトルとURLをコピーしました