万葉集 第8巻 1632番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1632番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1632番歌

第8巻
歌番号1632番歌
作者大伴家持
題詞大伴宿祢家持従久邇京贈留寧樂宅坂上大娘歌一首
原文足日木乃 山邊尓居而 秋風之 日異吹者 妹乎之曽念
訓読あしひきの山辺に居りて秋風の日に異に吹けば妹をしぞ思ふ
かなあしひきの やまへにをりて あきかぜの ひにけにふけば いもをしぞおもふ
英語(ローマ字)ASHIHIKINO YAMAHENIWORITE AKIKAZENO HINIKENIFUKEBA IMOWOSHIZOOMOFU
こうして山辺に暮らしていると、秋風が日増しに吹き、あなたのことが思われてなりません。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語秋相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、久邇京、恋情、京都
タイトルとURLをコピーしました