万葉集 第8巻 1621番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1621番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1621番歌

第8巻
歌番号1621番歌
作者巫部麻蘇娘子
題詞巫部麻蘇娘子歌一首
原文吾屋前<之> 芽子花咲有 見来益 今二日許 有者将落
訓読我が宿の萩花咲けり見に来ませいま二日だみあらば散りなむ
かなわがやどの はぎはなさけり みにきませ いまふつかだみ あらばちりなむ
英語(ローマ字)WAGAYADONO HAGIHANASAKERI MINIKIMASE IMAFUTSUKADAMI ARABACHIRINAMU
わが家の萩が咲いたので、花を見に来て下さいな。あと二日ほどしたならば、散ってしまうことでしょう。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 乃 之 [類][紀]
用語秋相聞、作者:巫部麻蘇娘子、勧誘、恋情、植物
タイトルとURLをコピーしました