万葉集 第8巻 1622番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1622番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1622番歌

第8巻
歌番号 1622番歌
作者 田村大嬢
題詞 大伴田村大嬢与<妹>坂上大嬢歌二首
原文 吾屋戸乃 秋之芽子開 夕影尓 今毛見師香 妹之光儀乎
訓読 我が宿の秋の萩咲く夕影に今も見てしか妹が姿を
かな わがやどの あきのはぎさく ゆふかげに いまもみてしか いもがすがたを
英語(ローマ字) WAGAYADONO AKINOHAGISAKU YUFUKAGENI IMAMOMITESHIKA IMOGASUGATAWO
我が家の庭に萩の花が咲いている。その夕日の影にあなたの姿がこの今も見られたらなあ。
左注
校異 <> 妹 [西(右書)][紀] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋相聞、作者:田村大嬢、坂上大嬢、贈答、与歌、植物
タイトルとURLをコピーしました